seikenwell
welcome to seikenwell
menu
     
「霊芝」とは、霊妙で神秘的なキノコという意味の俗称で、学名をサルノコシカケ科マンネ
ンタケというキノコのことをいいます。日本名では、マンネンタケ、その他にも、門出茸、
仙茸、吉祥茸などと呼ばれることがあります。
古代中国より2000年にわたり、最高の自然食として語り継がれてきました。
生薬を解説した漢書には、霊芝のことが「上薬」「神仙」と記されています。
しかし、自生することが極めて稀で、大変高価であったため、当時は王候貴族のあいだで珍
重されていただけで、庶民にはほとんど手に入れることができませんでした。このため長い
間、「幻のキノコ」と言われてきました。
 
     

現代になって「霊芝」の研究がすすめられ、その成分や特性が明らかになってきました。
最大の特徴は多糖類(Polysaccharides)やガノデリン酸が、多く含まれているということです。
これらは、健康維持のために大切な成分です。

 
     
1. 毎日の健康維持に
2. 日頃の食事でビタミン・ミネラル不足を感じている方に
 
     

赤霊芝の自然環境での生長は難しい為、環境の整ったハウス内にて栽培しております。それは、
とても手間がかかり、温度、湿度、日光、水質、水量そして酸素含有量など様々な条件が栽培過程
で必要となります。もし、一つでも条件に合わなければ、霊芝は生長、成熟できません。
劣質な霊芝の栽培期間は約3~4ヶ月ですが、生健霊芝の栽培には約2年の期間を費やします。
また野生霊芝に於いては、害虫やカビにかかりやすく品質が安定しません。

生健霊芝の成分構成はとても優れています。
・ β-グルカンなどの多糖類を無駄なくとり出しました。
・ 多種類のビタミン・ミネラルを同時に摂ることができます。
・ タンパク質は必須アミノ酸を含んでいます。

 
bottommenu